健康と病気の定義はそれでOK?

f:id:smallBacchus:20210106185943p:plain


 何事も基礎が大事だと言いますね? 


 でも、基礎はしばしば、なおざりにされると言いません?


 なら、新年早々、ひとつ、基礎について、考えてみましょうか。


 何の基礎について考えます?


 医学の基礎?


 医学の基礎というと、たとえば、健康と病気、それぞれの定義、とかですか?


 いや、だって、仮にですよ、健康と病気の定義がそれぞれ、おかしかったら、どうなります?


 治療の目的が、おかしくなるじゃ、あ〜りませんか。


 それって、とても、こわいことじゃないですか。


 では、今回は健康と病気それぞれの定義について考えてみるということで。


 じゃあ、ちょっと、しばらくの間、心を真っ白にしてみてくれますか。心を真っ白したその状態で、健康と病気という言葉それぞれがもつ語感を、確認してみてくれますか。


 自分の胸に手を置いて心の底から聞こえてくる声にようく耳を澄ませてみてくださいよ。健康とか病気とかいう言葉を口にするとき、心の底からいったい何が聞こえてくるか。


 みなさん、いま神頼みしているものと想像してみてください。今年一年、健康でいられますように、とか、健康になりますように、とか、って。


 切実に健康を願っているそのとき、健康というその言葉は、みなさんの心にとって、何を表現するものですか?


 苦しんでいないということを表現するものではありませんか。


 いっぽう、病気という言葉はどうですか。


 病気になりませんように、とか、病気が治りますようにとかと切実に願っているそのとき、病気というその言葉は、みなさんの心にとって、苦しんでいるということと、その苦しみが自分には手に負えないということを、表現するものではありませんか。


 いまみなさん、自分の胸に手をおいて、心の底から聞こえてくる切実な声に耳を澄ませてくれましたね? で、何がわかったか。


 ふだんみなさんが、やれ健康だ、やれ病気だ、としきりに言うことによって、争点にしているのは実は、苦しくないか苦しいか、なんじゃないか、ということですね。


 もし、実際、そういうことなら、どうなります?


 みなさんは心の底では、治療というものに、苦しまないで居てられるようになることを目的とするもの、であってほしがっている、ということになりませんか。


 だけど、医学は、健康を正常であること病気を異常であることと、定義づけてやってきました。やれ健康だ、やれ病気だとしきりに言うことで、医学が争点にしてきたのは、あくまでも、正常か異常か、でした。


 そして医学は、治療とは、診察で見つかった異常を無くすこと、としてきました、ね? 診察で見つかった異常を無くすためには、治療に伴う苦しさ(副作用、毒性、副反応)は、よっぽど重篤なもの以外は我慢して当然、といった感じでやってきました、ね?


 こうして、自分の胸に手をおき、心の底から聞こえてくる切実な声に耳を澄ませてきたみなさんは、つぎの疑問に真っ向からぶつかることになったわけです。

  • ①医学は、なぜ、みなさんの心の底の切実な声にもとづいて、健康や病気を定義づけなかったのか。
  • ②健康を正常であること、病気を異常であることと定義づけるというが、そもそも正常とか異常とかいう言葉の意味は何なのか


(了)

 

 

「神のお告げが聞こえた」を理解する5/5

 いま言ったこともまとめてみるよ。

  • ①一刻も早く東京に行く準備をしようと思い立つ(現実)。
  • ②自分がそんなことを思い立ったはずはないという「自信」がある(現実と相反している自信)。
  • ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「『はよ東京に出る支度をせんか』という声が聞こえてきた」(現実修正解釈


 そんな間さんは早速「その朝、急いで大阪に帰って吉本の本社に赴くと、退社して東京に行くと申し出た」ということだったね。


 追い詰められてた間さんは、地方巡業先で夜中ふと目が覚め、畳の目をじっと見つめているうちに、「もう東京に行かないとダメだ行って勝負してみようと思い立った。で、その後、夜が明けきらないうちにさらに、「一刻も早く東京に行く準備をしようという気になった。すぐ会社に行って、自分の意向を伝えよう、って。


 でも、そこでそうした「意思」が自分のうちに湧いてくるなんて、間さんにはまったく思いも寄らないことだったのかもしれないね。で、間さんは、それらの「意思」を、他人からの働きかけのととった神からの「東京に出なあかん。東京へ出てひとつ勝負してみい」「はよ東京に出る支度をせんか」という声ととった。


 いや、もちろん、こんなのあたしの勝手な想像にすぎないよ。でも、ヘイワード、なんとなく、こんな感じだったんじゃないかとお前さん、思わない?


4/5へ戻る←) (了)         

 

 

今回の最初の記事(1/5)はこちら。


「統合失調症の◯◯を理解する」シリーズは下のなかの「統合失調症理解#1〜15」です。

 

「神のお告げが聞こえた」を理解する4/5

 で、ヘイワード、そのあとにもう一度、神のお告げを聞いたって書いてあったの覚えてる?


「さらにこのあと夜が明けきらない時間にもまた、『はよ東京に出る支度をせんか』との声があった」って?


 そのとき、間さんは、一刻も早く東京に行く準備をしようと思い立ったのかもしれないね。


 でも、自分がそこで、そんな(急な?)ことを思い立つなんて、間さんには、まったく思いも寄らないことだった。


 いや、そのこともまた裏返しにして、語弊があるかもしれないけど、こう言い直してみようか。そのとき間さんには、自分がそんなことを思い立ったはずはないという自信があったんだ、って。


 間さんは、一刻も早く東京に行く準備をしようと思い立った(現実)。だけど、その間さんには、自分がそんなことを思い立ったはずはないという「自信」があった。


 このように、「現実自信とが相反したところで、間さんがとることのできた手は、あたしが思うに、さっきと一緒で、次のふたつのうちのいずれかだよ。

  • A.「現実」に合うよう、「自信」のほうを訂正する。
  • B.「自信」に合うよう、「現実」のほうを修正する。


 そしてここでも間さんは、後者Bの「自信に合うよう、現実のほうを修正する」手をとった。自分が一刻も早く東京に行く準備をしようと思い立ったはずはない、とするその「自信」に合うよう、「現実」をこう解した。


「はよ東京に出る支度をせんか」という声が聞こえてきた、って。


3/5へ戻る←) (4/5) (→5/5へ進む

 

 

今回の最初の記事(1/5)はこちら。


「統合失調症の◯◯を理解する」シリーズは下のなかの「統合失調症理解#1〜15」です。