統合失調症

「神のお告げが聞こえた」を理解する5/5

いま言ったこともまとめてみるよ。 ①一刻も早く東京に行く準備をしようと思い立つ(現実)。 ②自分がそんなことを思い立ったはずはないという「自信」がある(現実と相反している自信)。 ③その自信に合うよう、現実をこう解釈する。「『はよ東京に出る支度…

「神のお告げが聞こえた」を理解する4/5

で、ヘイワード、そのあとにもう一度、神のお告げを聞いたって書いてあったの覚えてる? 「さらにこのあと夜が明けきらない時間にもまた、『はよ東京に出る支度をせんか』との声があった」って? そのとき、間さんは、一刻も早く東京に行く準備をしようと思…

「神のお告げが聞こえた」を理解する3/5

追い詰められてた間さんは、午前3時頃、畳の目をジーっと見ているうちに突然思い立った。「東京に行かないとダメだ。行って勝負しよう」(現実)。だけど、その間さんには、自分がそんなことを思い立ったはずはないという「自信」があった。 こんなふうに「…

「神のお告げが聞こえた」を理解する2/5

ヘイワード、読めた? 「営業先の岡山の旅館で寝ていたところ」「午前3時ごろにふと目が覚めて、畳の目をジーッと見ていると突然、『東京に出なあかん。東京へ出てひとつ勝負してみい』という声が聞こえた」とあったろ? 追い詰められてた間さんは、その旅館…

「神のお告げが聞こえた」を理解する1/5

ヘイワード、お前さん、神のお告げ聞いたことある? 周りに、聞いたことのあるひと、いない? あたし? ないよ。なぁ〜んにも聞こえない。カミさんが喋りかけてきてたって、聞き逃しちゃうくらいだよ。 神のお告げ、どんなだろうね? ねえ、ちょっと聞いてよ…